週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「ステーキ食っても球は速くならんだろ!」

 

イチロー、故郷に錦を


 去年の11月末、一本の電話があった。

「来年の2月10日、巨人ソフトバンクのOB戦があるんで、出てもらえませんか」

 快諾さ。ただ、同時に体を作らなきゃというプレッシャーが生まれた。前も書いたけど、年末は、いつも体調が最悪。今回もウイルスにやられた。年末年始と“冬眠”して、ひたすら仁村薫の餅(→前々号参照)を食って、1月10日からまだ万全じゃなかったけど、少しずつ動き出したんだ。

 いまは毎日、ランニング、腹筋、背筋と、あとは駐車場に古い布団を吊るしてピッチング練習さ。不思議なもので、やっているうちに体の芯が目覚めたというのかな、体調もだんだんよくなってきた。何とか実戦では120キロ以上は出したいな。

 俺、昔から1月が一番嫌いだったんだ。2月1日からキャンプでしょ。「また始まるなあ」と思ってね。悪い夢ばかり見るんだ。シーズンで1勝もできないとか、ケガをしたりとか、要は、深く眠ってないんだね。だから夢をよく覚えてるんだ。

 自分の体が変わっていく感覚は現役時代も何度もあった。一番覚えてるのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

川口和久

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング