週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「俺、今年はドラゴンズを応援するよ」

 

アメリカはどうでもいい!


 先日、東京は久しぶりの大雪。一晩でずいぶん積もったな。次の朝、俺はスコップを持って家の周りの雪かきをした。ついでに隣の家までね。みんな元プロ野球選手というと、体力がありあまってるみたいに思ってるから、少し見栄を張らんとな。

 たださ、若いときと違って、そのときは無理ができても、必ずその後にドンと来る。俺も、これは次の日に響くだろうな、と思いながらも、隣の奥さんに「すいませんね、川口さん」と言われると、「まったく平気ですよ」と、さわやかな笑顔(自己評価)で言ってたけどね。でも、次の日起きて驚いた。本当に平気だったんだ。もうすぐ60歳に手が届きそうな俺がだぜ。

 おかしなドーピングをしたわけじゃないよ。秘密は前回も書いた2月10日、宮崎での巨人-ソフトバンクのOB戦さ。若いヤツもたくさん出るし、どのくらい投げるかも分からんけど、いまは、すごく燃えて準備をしているんだ。

 日課は、ランニングと腹筋、背筋、あとは3キロのメディスンボールでのピッチングさ。時間をかけているわけじゃないけど、毎日、欠かさずやってる。まだ2週間くらいだけど、びっくりするくらい体にエネルギーが満ちてきた。ほんと体を動かすのはいいね。本番では、それこそ1球で、どこかがピキッと行くかもしれんが、まあ、ゴルフに差し支えない故障なら構わんよ。全力で行くから、読者のみなさん、期待してね。

 そういえば、来年からベンチ前のピッチャーのキャッチボールが禁止になるらしい。イニングの合間の肩慣らしね。メジャーではできないし、規則上は今までもダメだったけど、日本では、ずっと許されていた。それを厳密に禁止ということにする、ということらしい。でもさ、そんな大げさなもんかな。誰に迷惑をかけてるわけじゃないし、いいんじゃないの、そのくらい。

 俺が巨人のコーチをしていたころ、2012年くらいにも、禁止しようという話になったことがある。原辰徳監督に「どう思う?」と聞かれたとき・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

川口和久

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング