週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「巨人の“ほぼ和製打線”に期待」

 

6月14日ソフトバンク戦[ヤフオクドーム]で初勝利を飾った巨人・鍬原。左は高橋監督


スコアラーは大変


 阪神のスコアラー、山脇光治が盗撮で球団から契約解除された。別に、かばう気はないけど、山脇はいいヤツだった。礼儀正しいし、マジメ。俺が人を見る目がないのかもしれんけどね。

 被害を受けた女性には申し訳ないけど、俺が思ったのは、「ストレスがたまって魔が差したんだろうな」ということ。だってスコアラーって、ほんと大変な仕事だからね。「試合を見てスコアをつけるだけなんて簡単でしょ」と思っているかもしれないけど、そんなもんじゃない。

 対投手でいけば、全打者への全球のコース、球種をチェックし、その投手のカウント球、勝負球で、打者のタイプによって、どのように変えられていくかを分析していく。打者の分析は、その逆だけど、打球方向や打球の質も見なきゃいけない。

 巨人が2012年に交流戦で優勝したときは、スコアラーを・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング