週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「イチローの独特の雰囲気」

 

たたずまいから雰囲気を感じる選手だった


巨人なのに悪役?


 今年は久々にメジャーの開幕戦がある。まだ分からないけど、マリナーズの一員としてイチロー菊池雄星が、来日するはずだ。

 イチローも、もう45歳か。すごいな、こんなに長く、しかもメジャーでやってきたんだからね。

 彼と俺の現役時代の真剣勝負は3打席だけ。1996年の日本シリーズだ。あの年、俺は巨人移籍2年目だったけど、年齢や疲労の蓄積もあって先発で結果が出せず二軍落ち。以前も書いたが、そこから宮田征典コーチと一緒にピッチングを一からつくり直し、リリーフとして復活した。

 巨人が“メークドラマ”と言われ、大逆転優勝を飾ったシーズンだけど、俺は後半戦だけだが、それなりに貢献できた。当時の長嶋茂雄監督も、それを認めてくれて、10月6日、胴上げ投手に指名してくれたんだと思う。

 ただ、そこまではムチャクチャすごい祝福を受けたが、日本シリーズは雰囲気が一変した。相手はオリックス・ブルーウェーブ。人気球団の巨人が、あのとき、特に神戸では、完全に悪役だった。

 前年の95年、オリックスは、阪神淡路大震災で大きな被害を受けた本拠地神戸のために「がんばろうKOBE」を掲げて優勝も、日本シリーズでは、ヤクルトに敗れた。この年は「今度こそ日本一」というのが、選手だけじゃなく、ファン、さらに一般の人たちにも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング