週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「原巨人が長けた危機管理能力」

 

突然、折れたバットが飛んでくることもある。危機管理は大事だね。ちなみに、本文と写真は、ほぼ関係ありません/写真=湯浅芳昭


阿部離脱の影響は


 巨人阿部慎之助が左足ふくらはぎの張りで離脱した。ふくらはぎは野球選手にとって下半身のパワーを生み出す第2の心臓であり、エンジン。年齢もあるし、まずはじっくり治してほしい。そのとき俺が思い出したのが、2011年の開幕前、阪神との練習試合で右足のふくらはぎを痛め、慎之助が離脱となったこと。

 11年は投手コーチ1年目だったけど、原辰徳監督がすぐ「左投手はカトケン、右は實松(實松一成)でどうかな」と言ってきた。確かに加藤健は前年捕手の出場は1試合だけだったけど、左投手のリードがうまかったのは確か。これがうまくはまり、阿部の復帰までをしのぎ、優勝もした。原監督は、阿部という大黒柱を失っても、二の手、三の手を考えていたんだ。いわゆる「危機管理」だね。びっくりするような思い切った手を打ちながらも、必ず、その先も考えている人だった。

 このオフ、まだ捕手を獲るのか、と言われながら炭谷銀仁朗を獲得したけど、慎之助の離脱で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング