週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「鯉の季節にカープが来た!」

 

3日、好走塁を見せた広島の曽根


抗議に燃えた!


 鯉の季節、カープの強さが戻ってきた。

 ゴールデンウイーク、5月3日から首位巨人をマツダ広島に迎えての3連戦。すべて僅差のゲームとなり、見どころもたくさんあった。球場は連日、超満員、というか超真っ赤。盛り上がっていたね。

 4日の試合では、初回、広島・菊池涼介の走塁でもめた。一塁への送球が高くなり、巨人の中島宏之が走者の右側でジャンプして捕球。菊池はこれを避け、左側のベースを踏んで駆け抜け、そこから戻るときに中島にタッチされ、アウトを宣告された。

 この場合、菊池にセカンドに回る意思があったならアウトだが、それがなければ、「ただちに帰塁すればアウトにならない」とルールにある。緒方孝市監督が抗議してリプレイ検証になったが、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング