週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「コーチングスタッフに見る各球団の思惑」

 

二軍監督となった三浦大輔[右]。監督修行の本格スタートかな


二軍監督が次期監督?


 面白いな……。

 各チームの来季コーチングスタッフが続々決まっているが、顔ぶれを見ていると、それぞれの思惑や力関係がはっきり出ている。1つのパターンはフロント主導。少し前になるけど、中日落合博満元監督・森繁和前SD色を一掃したのが典型だが、傾向としては、新監督の組閣はフロント主導でスタートし、結果を出す中で監督の色が少しずつ出てくるという流れがある。

 来季以降を見据えたものが多いのも最近の傾向かな。阿部慎之助を二軍監督にし、慎之助が動きやすそうなスタッフをそろえた巨人がそう。若手の底上げというシーズンを終えての課題と、次期政権の基盤づくりを兼ねた動きになっている。ただ、巨人の場合、フロントがどうとかじゃなく、全面“原色(はらいろ)”。辰徳監督が納得できなかったら、全部ひっくり返すことだってあるかもしれないよ。

 DeNAの三浦大輔が一軍コーチから二軍監督となったのも、完全に次の監督を考えてだろう。来季のラミレス監督は優勝か優勝争いが絶対条件。もともと大輔には一軍コーチで監督修行の意味合いがあったと思うが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング