週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「子どもたちの夢をかなえるのが大人の仕事じゃないかな」

 

子どもたちの夢を壊さないでほしい/写真はイメージ


地方大会はやってほしい


 角界で、三段目の力士・勝武士さんが亡くなった。28歳か。若いのにね。相撲部屋は密な大部屋が当たり前だし、糖尿病など基礎疾患を持った人がかなりいるらしい。みんな怖いだろうね。

 こうなると、何だかスポーツなんてやっちゃいけないのかなという雰囲気になるが、いま一番考えるべきは、子どもたちのことだと思う。

 野球で言えば今、夏の甲子園が中止の方向で動いている(※その後、20日に中止が決定)。これについては正直、現状では仕方ないかなと思う。無観客にしても、それなりの人数が集まる。ほとんど感染がない地域から来た選手も心配だしね。

 ただ、野球をやっていた人間にとって、高校野球は特別なものだ。全国は無理でも、地方大会だけは、やってほしい。

 全員が、その先に進むわけではなく、むしろ高校野球を最終ゴールに設定している子のほうが多い。小さいころからずっと夢中にやってきたことの集大成だよね。勝ったり負けたりがあるにせよ、その場を奪うのはかわいそうだ。

 ここを通過点に、さらに上の舞台を目指す子どもにとっても、今の仲間たちと一緒にできるのは最後だし、リアルな話をすれば、“就活”の場でもある。プロだけじゃない、大学だって社会人だってあるしね。

 繰り返すが、子どもたちのために地方大会だけは絶対にやってほしいし、そのうえでだけど、日本高野連だけじゃなく、プロ野球も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング