週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「水を差されたのか、びっくり水か?」

 

フライをお見合いした藤原。球を目で追い切れていない


コロナで水を差された?


 選手、スタッフ、コーチの陽性者11人で、ロッテが千葉市からクラスター認定をされた。今季、俺も解説の仕事でZOZOマリンには何回も行っているけど、他球場同様、厳重な策が取られていた。それでも起こるのが、新型コロナの怖さ。あらためてコロナ禍というのは他人事じゃないと感じた。

 ロッテは角中勝也荻野貴司ら主力が大量離脱し、10月4日の西武戦(ZOZOマリン)で起用した野手の約半数がいなくなったことになる。無症状者も多いようだが、まずはしっかり治して一日も早く復帰してほしいと思う。

 井口資仁監督にしたら、アントニオ猪木さんから往復ビンタを食らったようなものだろう。ただ、マーティン安田尚憲井上晴哉ら打線の核は残っているし、投手陣は、それほど痛手はないはずだ。ようやく固まった唐川侑己澤村拓一益田直也の勝利の方程式も欠けていないし、戦い方が大きく変わることはないだろう(要は、相変わらず、打てない中で粘っていくしかない、ということだが)。

 今年、俺は順位予想でロッテを上位には挙げていたが、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング