週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「カープの開幕ダッシュ成功の要因は分かりやすさ?」

 

大道[写真]も隠れた抑え候補だ


大きい新人3人の活躍


 今年の解説初仕事は、RCC中国放送さんに頼まれた4月3日のDeNA広島戦(横浜)だった。広島は、開幕カードの中日に1勝1敗1分、阪神に2勝1敗、そして、この日の勝利でDeNAに2連勝と見事なスタートダッシュを切っていた。

 一番は先発の安定感だ。大瀬良大地、九里亜連、森下暢仁野村祐輔と4人の先発がしっかり仕事をしていることで、投手陣全体のバランスがよくなった。リリーフは抑えの栗林良吏をはじめ、塹江敦哉森浦大輔大道温貴中田廉の5人が無失点だ(4月4日現在)。しかも、うち3人が新人だよ。まさにカープのスカウトと現場の思惑が一致した結果だと思う。あくまで現時点だけど、前年崩壊状態だったブルペンを即戦力ルーキーでしっかり補強したわけだしね。

 あとはベンチの起用法も分かりやすい。2日のゲームで4対0から9回に栗林を使ったときは、今後もこういう使い方をするなら登板過多になって、1年持たないかもと不安がよぎったが、あれは大瀬良に勝ち星をつけたい、というベンチの意思だったと思う。故障でブランクはあるけど、球威は戻っていた大瀬良に、しっかり1勝をプレゼントしたかったんだと思う。

 だから3日のゲームで、もしもだけど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

川口和久

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング