週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「打の切り札として活躍するベテラン選手たち。巨人の最後の切り札は“代打・亀井”」

 

ヤクルトの“代打の神様”川端


組織力で戦うヤクルト


 引退選手が続々発表されている。中日山井大介阪神中田賢一日本ハム斎藤佑樹、あと発表は前だったが、西武松坂大輔と一時代を築いた男たちが球界を去ることを決めた。

 監督人事では、『週べ』のコラム仲間でもある立浪和義氏の中日監督就任がスポーツ紙に出たけど、どうなるのかな。記事を読むと、この時期によくある「名前が挙がった」とか「候補に急浮上」だったが、この手の話は表に出ると一気に決まることもある。巨人と報知の関係じゃないけど、中日スポーツで出たら、ウワサも本物ということなのかな。

 引退や退団は、力を出し切って納得したうえで、とはいかない場合も多い。チーム事情が絡み、時に非情に映ることもあるが、これはもう仕方あるまい。野球界は実力社会だし、そうやって新陳代謝しながら繁栄してきたものでもあるからね。

 ただ、現在、セでは引退してもおかしくなかった、と書くと言い過ぎかもしれないが、最初に挙げた名前に入っている可能性もあったベテラン選手が、打の切り札として活躍している。巨人の亀井善行、阪神の糸井嘉男、中日の福留孝介、ヤクルトの川端慎吾だ。

 DHのないセでは、昔から・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング