週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「巨人スカウト部長、水野雄仁は忙しい」

 

4月17日の阪神戦[甲子園]で早くも9セーブ目を挙げた巨人大勢


巨人を支える新人


 やっぱりいいね。歓声は抑え気味だったが、久びさに満員のお客さんを見ると、こっちも気持ちが上がる。

 伝統の一戦、4月15日からの阪神-巨人の3連戦だ(甲子園)。ここまで1勝15敗1分けと勝てなかった阪神だが、何とか2勝1敗と勝ち越し、ファンも少しホッとしただろう。勝った試合は青柳晃洋ウィルカーソンと今季初先発の2人が長いイニングをしっかり投げていたし、これで少し戦い方が落ち着くかな。ただ、打線は相変わらずホームラン頼みで、まだ少し時間はかかるのかなと思った。

 一方、巨人も穴はたくさんあるけど、開幕から抑えで大勢、先発では赤星優志と新人がうまくはまってやり繰りしている。逆に言えば、この2人がいなかったらどうなっていたか。さすがの原辰徳監督も青くなっていたかもしれないね。これまで1位選手が次々ケガをし、「何をやっているんだ」と批判の声が多かったスカウト陣もホッとしているんじゃないかな。

 今のスカウト陣のトップがスカウト部長の水野雄仁だ。彼とは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

川口和久

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング