週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「交流戦でセ3強の潮目が変わる?」

 

前半戦好調のカープにとって交流戦は第一の関門


釣りはジタバタせず


 俺にとって第5の人生くらいになるが、鳥取の野球兼農業生活は楽しいよ。もちろん、もう還暦も過ぎたし、ずっと働いているわけじゃない。大好きなゴルフはもちろんだし、海釣りに行くことも増えた。

 海釣りは潮の流れがすごく影響する。止まっているときは、こっちがどうあがこうがどうしようもないが、潮目が変わった途端、魚が集まってきたりする。だから潮が止まってるときはジタバタせずに休憩し、動き出すとまた釣り始める。

 野球にも流れや潮目はある。1試合1試合でいけば、試合がまったく動かなくなることもあるが、1球の失投、エラー、逆に一発で流れが生まれ、一気に試合が決まったりする。143試合を戦うシーズンもそう。潮が止まるというのか、勝ち組、負け組がはっきりした中で、いくら連勝しても相手も連勝したりで、こう着状態になることがあるが、1つの勝利で一変する。

 今のセは止まりかけかな。ヤクルト広島巨人の3強状態となり、互いに勝ったり負けたりで、なかなか抜け出せない。

 俺はこの中で抜け出す可能性が一番高いのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

川口和久

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング