週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「中日・根尾が目指すのはスモール二刀流?」

 

投手・根尾をどう起用していくのか


投手は簡単じゃない


 セ・パのリーグ戦が再開した6月17日からの巨人3連戦(バンテリン)で連勝スタートを切った中日だが(6月18日時点)、交流戦の最後は6連敗で一度はセ・リーグの最下位に落ちている。連敗中3試合は完封負けで、開幕から続く打線の得点力不足の課題が露骨に出た。

 立浪和義監督初年度の今季は、近年の課題と言われた大砲の補強もなく、打線の得点力不足は覚悟していたはずだ。ここまでは鵜飼航丞岡林勇希、故障してしまったが石川昂弥ら若手選手を積極的に使い、打順もいろいろ入れ替えたり、打線に刺激を与えつつ、つながりで得点力をアップさせようとしているが、なかなか結果が出なかった。

 その中でいま話題となり、賛否両論が出ているのが根尾昂の投手転向だ。立浪監督は昨年の秋季キャンプから投手転向の可能性について根尾に伝えていたらしいね。本人は「もっと打ちたいという気持ちはありますし、投げたいという気持ちもあります」と話していたようだが、中途半端でモヤモヤしていたのなら、思い切って投手と決めてやったことは悪くないだろう。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

川口和久

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング