週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「内海、俺の勝ち星は抜けなかったね(笑)」

 

巨人時代の内海


統一球で成功の理由


 8月16日、西武内海哲也が引退を発表した。2004年、巨人に入団した左腕で、今年で40歳になったのかな。俺が11年に巨人のコーチになったときは、左の内海、右の東野峻が先発の両輪で活躍していた(10年は内海11勝、東野13勝)。

 1年目、俺は来たばかりでもあったし、実績ある内海に対し、細かい指示はしなかった。「君は一軍のエースだ。君のペースでやってくれればいい。とにかく1年フルに働いてくれ」とだけ言った。

 この年は、反発係数の低い、いわゆる統一球が導入された年だった。とにかく飛ばないボールで、角度がよく打者がホームランと思ってガッツポーズをしたのに平凡な外野フライというのもよくあった。全体のホームランも激減し、ホームラン王は前の年がラミレス(巨人)で49本だったのが、バレンティン(ヤクルト)で31本になっている。

 ボールが飛ばないということは当然、投手には有利なのだが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

川口和久

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング