週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

開幕カードで機能した? パ・リーグ6球団「一番打者事情」

 

オリックス・バファローズ



 この男の奮起が得点源になる。攻撃型オーダーの象徴として一番に座すT-岡田。楽天との開幕戦(京セラドーム)の第1打席は初球を叩いて鋭い打球を飛ばすも、一、二塁間を締めていたシフトの前に二ゴロに。その後もボールをとらえるもHランプを灯せず。翌の開幕2戦目も無安打で、チームは連敗を喫した。だが、開幕3戦目は第1打席で二塁打を放ってチャンスメークすると、中川圭太の犠飛で気迫のヘッドスライディングで生還。2、4回には適時打も放って3安打2打点の活躍でチームを今季初勝利に導いた。不思議と打順が一番でも好機で打席が回ってくる。初回は好機を演出し、以降はポイントゲッターにもなる背番号55のバットが、今季の打線のカギを握る。

北海道日本ハムファイターズ



 不動のリードオフマンが節目の記録も達成し、開幕カード勝ち越しの原動力の1人となった。昨季王者の西武との初戦(メットライフ)はヒットこそ出なかったが、初回から10球を投げさせる粘りの打撃を見せ、先発のニールを苦しめた。8回の第4打席では選球眼の良さで四球を選び、すかさず自慢のスピードで初盗塁も決めた。迎えた第2戦の4回の第2打席には松本航から右前にクリーンヒットを放ち、プロ野球史上304人目となる1000安打を達成。第3戦も2安打の活躍でチャンスメークし、全試合で出塁。代えのきかない一番打者として、またチームのキャプテンとして、指揮官の期待に応えた。

埼玉西武ライオンズ



 秋山翔吾がメジャー移籍し、代わりの一番として金子侑司が目されていたが練習試合で結果を出せなかった。そこで、急浮上したのが新外国人のスパンジェンバーグ。練習試合で打率.500、4本塁打と打ちまくり、開幕一番の座を勝ち取った。6月19日、日本ハムとの開幕戦(メットライフ)。4回、先頭で打席に入ると有原航平からチーム初安打となる中前打を放ち、先制点を奪うきっかけをつくり、勝利に貢献した。しかし、翌日の同カードは5打数で4三振。特に左腕の変化球攻めに打撃を狂わされると、3戦目も5打数3三振と音なし。果たして、スパンジェンバーグの一番起用を続けるのか。辻発彦監督の決断に注目だ。

福岡ソフトバンクホークス



 6月19日のロッテとの開幕戦(PayPayドーム)で一番を任されたのは大方の予想どおり、上林誠知だった。開幕直前の練習試合で打率.347をマークするなど打撃好調、出塁すれば足もあるだけに、リードオフマンには打ってつけ。現にこの試合でも8回に二塁打を放ち、その後、先制のホームを踏んだ。今季はこのまま定位置を確保するかに思われたが、第2戦、3戦と上林の名前はスタメンになかった。欠場の理由は背中の張りで、背中と言えば3月の練習試合で死球を受けた箇所だ。工藤公康監督は大事をとったことを強調したが、今後も様子を見ての起用は必至。こうなると積極的な攻撃が売りの牧原大成に期待がかかるが果たして……。開幕第3戦で一番を任された栗原陵矢が2安打を放っており、適性が認められればそのまま起用され続ける可能性もある。

東北楽天ゴールデンイーグルス



 犬鷲の斬り込み役は、やはりこの男が適任だ。開幕スタメンオーダーの先頭には「茂木栄五郎」の名前が書き込まれた。3月に体調不良のため一軍を離れた時期もあったが、延期されたシーズン開幕にはしっかりと合わせてきた。6月19日、オリックスとの開幕戦(京セラドーム)では「一番・遊撃」として出場。安打と四球で2度出塁し、ホームにも生還してその役割を全うした。今季からユニフォームの右胸にキャプテンの証しである「C」マークが躍る。パンチ力も兼備するリードオフマンが、チームを7年ぶりVへと導く。

千葉ロッテマリーンズ


ロッテ・荻野貴司


 ソフトバンクとの開幕戦(ヤフオクドーム)は三番でのスタメンも、福田秀平の故障離脱により2戦目から一番に。荻野貴司がリードオフマンを務めた試合からチームは連勝を飾った。6月20日の開幕2戦目は得点にはつながらなかったが、初回の第1打席に中前打で好機を演出。8回には犠打を決めて追加点を呼び込んで勝利に貢献すると、翌3戦目は2安打1打点とバットで存在感を示した。さらに連日、盗塁を記録と足でも揺さぶりをかける。入団からケガに泣かされ続けてきた背番号0。昨季、自身初のシーズン完走を果たし、打率.315、28盗塁を記録したリードオフが、今季も打線をけん引する。

写真=BBM


キャンペーンページ:
DAZN2ヶ月無料キャンペーン

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング