週刊ベースボールONLINE

MLBニュース2021

筒香嘉智、2戦ぶりスタメンで2安打 先制打含む2打点1得点の活躍で勝利に貢献

 

パイレーツ・筒香嘉智[写真=Getty Images]


 パイレーツの筒香嘉智外野手は14日(日本時間15日)、本拠地でのレッズ戦に「4番・一塁」でスタメン出場した。2本の適時打を放つ活躍で4打数2安打2打点、レイズ、ドジャース在籍時も含めたシーズン通算打率は.208となった。チームは6対5で勝利している。

 レッズの先発は右腕マイリー。2試合ぶりのスタメンとなった筒香は初回の第1打席を1死一、二塁のチャンスで迎える。1ストライクから真ん中に甘く入ってきた2球目のカッターを逃さず打ち返して右安打。二塁走者が還って先制点を叩き出した。さらに1死、一、三塁の場面だったが、マイリーの牽制に筒香が誘い出されて走塁死となった。

 3回の第2打席は右飛に終わったが、3点リードで迎えた5回の第3打席は再び無死一、二塁のチャンスで巡ってくる。1ボール1ストライクからの真ん中外寄りのシンカーを逆方向に打ち返すと、打球は三遊間を破る左安打。左翼からの返球が逸れる間に一塁走者も生還して2点を追加した。相手守備が乱れる間に筒香も二塁へ進み、続く5番スターリングの左二塁打でチーム6点目のホームを踏んだ。

 パイレーツは6回に4点、9回に1点を返されて1点差まで迫られたが、なんとか逃げ切って勝利。筒香は3番手の右腕セサと対戦した7回の第4打席は中飛に倒れたが、2安打2打点1得点の活躍でチームを勝利に導いた。

 パイレーツ移籍後はこれで65打数19安打7本塁打17打点で打率.292。量産していた本塁打は9月5日(同6日)のカブス戦で今季7号を放って以降出ていないが、新天地での打撃好調をキープしている。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

関連キーワード検索

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング