週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「“打高投低”が目に余る。ピッチャーにはあまりに理不尽、バッターも打撃技術を磨く機会が奪われてしまう」

 

中田は今年、どれだけやれるだろうか


“平等の精神”はいったいどこにいった


 打高投低があまりにもはなはだしい。今のプロ野球は8割方バッターが有利な競技になっている。

 今シーズンもペナントレースが開幕して早々にホームランが乱発されている。8対7や10対9の試合が面白いというが、1対0や2対1の試合も緊迫したいいゲームであるはずだ。もちろん、バッターの技術が上がって打撃戦が増えているなら素晴らしいことだが、そうではない。

 明らかに条件が違っている。今のままではあまりに理不尽な話である。日本国民は正義と平等を重んじる民族のはずだ。

 ホームランが野球の花だというが、ルールや環境を捻じ曲げて生み出しても意味がない。ピッチャーとバッターが同じ条件でぶつかり合ってこそ、ファンに喜んでもらえる本物の野球を見せることができるはずだ。

 例えばほかのスポーツ界を見れば、ボクシングや柔道は階級を設けて公平な戦い、勝負を演出している。それがプロ野球はどうだ。ドーム球場で風の影響を受けず、人工芝に助けられて打球は鋭く内野の間を抜けていく。その上、どの球場もどんどん狭くしている。ヤフオクドームにはホームランテラスができ、今年はZOZOマリンにホームランラグーンができた。ピッチャーにとってはたまったものではない。こんな不公平な戦いをしているのはプロ野球だけだ。これではピッチャーとしてプロ野球を目指そうという少年・少女たちもいなくなってしまう。

 読者の皆さんも想像してみてほしい。皆さんのご子息、ご息女が投手だったら、と。あまりにピッチャーが不利だと憤慨するのではないか。

 何より、どう考えてもボールが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング