週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「“打率4割”というのはバッターにとって永遠の課題だ。打高投低の時代であっても容易なことではない」

 

西武の秋山であっても打率4割をイメージすることはできない


打率.380からのあと1、2分が難しい


 日米通算4367安打のイチロー(元マリナーズほか)でさえ届かなかったのが“打率4割”だ。彼の最高打率は2000年、オリックス時代の.387。私も含めてだが、日本プロ野球80年以上の歴史の中でも、4割バッターはいまだに生まれていない。MLBでも1941年に打率.406を記録したテッド・ウィリアムズ(元レッドソックス)が最後だ。その後はロッド・カルー(元ツインズほか)が何度も首位打者を獲り、77年には.388を打っているが、打率4割には届かなかった。

 今のボールが飛ぶ、打高投低の時代では、打率4割や70本塁打を打つような傑出したバッターが出てこないほうがおかしい、ということをこれまでも書いてきた。しかし、矛盾するようだが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング