週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「盗塁において広瀬さんと福本は別格だ。山田哲にはさらに上を目指してほしい」

 

山田哲の盗塁における観察眼は本物だ


広瀬さんと福本は足の三拍子がそろっていた


 4度目のトリプルスリーという素晴らしい偉業の可能性があったヤクルト山田哲人だが、打率が3割に届かず達成はならなかった。これまでに3度も3割30本30盗塁をクリアしてきたのは大したものだが、今季の2割7分そこそこの打率は主力打者として失格だ。ホームランも今の打高投低の時代では40本打ってようやく一流と言える。35本ではほめられないし、本人にとっても不本意な1年だっただろう。

 しかし、開幕から33連続で盗塁を成功させたのは立派なものだった。昨季からは38連続成功だという。ただ足が速いだけではなく、相手ピッチャーのクセやタイミング、キャッチャーの肩などを見極める観察眼がよほど優れているのだろう。だから素晴らしいスタートが切れる。

 それでも山田哲は結果的に33盗塁しかしていない。盗塁王もセが阪神近本光司の36盗塁、パが西武金子侑司の41盗塁というのはあまりに少ない。かつては50盗塁以上する選手はざらにいた。私がプロ入り当時の日本記録は、入団前ではあるが阪急の河野旭輝さんだ。1956年に85盗塁を記録し、のちに中日でも盗塁王を獲得してセ・パ両リーグで盗塁王となったが、私が見たのは少し脚力が衰えてからだと思う。

 私が実際に見た中では、やはり南海の広瀬叔功さんと阪急の福本豊の2人が別格となる。この2人はすごかった。今の選手とは比較のしようもないほどだ。

 まず、とにかく・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング