週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「“無茶振り”ではあるが森友哉は完成度の高い打撃技術を備えている」

 

森の完成度の高いバッティング技術には目を見張る


森のバッティングは多くの面で余裕がある


 今シーズンは西武森友哉がパ・リーグのMVPに輝いた。キャッチャーとして首位打者を獲得したのは野村克也さん(元南海ほか)、古田敦也(元ヤクルト)、阿部慎之助(元巨人)に続いて史上4人目だという。昨シーズンはDHでの出場も多かったが、今シーズンはリーグ連覇を果たしたチームにおいて135試合出場のうち128試合でキャッチャーとして守備についた。100試合以上にキャッチャーとして出場しながら首位打者を獲るというのは、並大抵のことではない。本当に立派なものだし、これは“あっぱれ”をやらないわけにはいかない。

 キャッチャーとしての守備面ではまだまだ課題は多いが、ことバッティングに関しては本当に素晴らしいものを持っている。今シーズンは広島鈴木誠也や巨人の坂本勇人のバッティングも良かったが、森も負けず劣らずの見事なバッティングを見せていた。

 森といえば「フルスイング」が代名詞のようになっている。「フルスイング」といえば聞こえはいいが、私に言わせれば無茶振りだ。本人は全力で振り切らなければ気がすまないのだろうが、空振りしたときなどは体がグラグラしていることがある。

 それだけ思い切りバットを振りながらも安定したスイングができるのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング