週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「シリーズで明白になった実力差。今は人気も実力もパの時代に。磨けば光る素材を正しく育成せよ」

 

日本シリーズでは屈辱の2年連続4連敗に終わった巨人。OBの筆者にとっても残念な結果に(写真=榎本郁也)


日本シリーズの屈辱


 2020年も残すところあとわずかとなった。今年は新型コロナウイルスという見えない敵が突然やってきて、われわれから日常を奪ってしまった。その猛威は今もなお続いているのだから油断は禁物だ。何でもそうだが、油断するとろくなことがない。ミスや失敗というのは気の緩みから起きることが一番多い。今後も感染対策はしっかりと行うことだ。

 プロ野球も大きな影響を受け、開幕が当初の予定より3カ月近くの遅れとなった。私はここでも書いたとおり、まだ少し早いのではないかと危惧していたが、ともかく2020年のペナントレースがスタートした。開幕前に陽性反応が出た選手がいたり、途中で阪神ロッテなどチーム内で感染が起きる事態もあったようだが、120試合の短期日程ながら、何とか日本シリーズまで無事に行われ、シーズンが終わったことにはホッとしている。最悪の場合、シーズン途中での中断、中止も考えられたから、その点は幸運だった。

 さて、その日本シリーズだが、あらためて振り返ってみたい。私はOBでもあり、19年の4連敗もあったから20年こそ巨人に勝ってもらいたいと期待していたが、それでも戦前の予想は4勝2敗でソフトバンクにしていた。投手力、打撃力ともに、どこから見てもソフトバンクのほうが上回っているのは私の眼(め)から見ても明らかだった。しかし巨人にも意地があるから、今年は1勝、2勝はするだろう、いやしなければまずいとさえ思っていたが、2年連続での4連敗に終わった。

 短期決戦は勢いが大事だ。巨人はエースの菅野智之で何としても第1戦を取らなければならなかった。その勢いで突き進むべきだったが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

張本勲

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング