週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「シーズン42勝は不滅の大記録。西鉄の大エースだった稲尾さんは記録にも記憶にも残る超一流投手だった」

 

球史に名を残す大投手。58年の日本一は4勝&サヨナラ本塁打の大活躍で「神様、仏様、稲尾様」とまで言われた


温厚な“サイ”さん


 今でこそ九州のプロ野球と言えばソフトバンクだが、昔は西鉄だった。現在の埼玉西武ライオンズの前身にあたる。私が東映に入団したのは1959年。その前年に西鉄は三原脩監督の下、3年連続で日本一に輝いている。しかも日本シリーズの相手は3年とも水原茂監督率いる巨人だった。その水原監督がそれから数年後、わが東映の監督に就任して日本一をつかむことになる。

 それはともかく、西鉄の黄金時代は大エースの鉄腕・稲尾和久さんとともにあったと言えるだろう。稲尾さんは1937年生まれだから、私の3歳先輩にあたる。通算成績は276勝137敗。入団から8年連続20勝以上をマークし、数多くの投手タイトルを獲得した。記録の中で圧巻なのは61年のシーズン42勝だ。昨年の最多勝はセが菅野智之(巨人)の14勝、パが千賀滉大(ソフトバンク)らの11勝だから、およそ3〜4年分にあたる。

 当時のエースは先発とリリーフの兼任が当然の役割だった。時代と言ってしまえばそれまでだが、負けられない3連戦ともなれば、エースは第1戦に先発し、第2戦にはリリーフ、第3戦も先発かリリーフでマウンドに上がったものだ。42勝をマークした61年、稲尾さんは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

張本勲

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング