週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「戦力があっても優勝できるとは限らない。采配を振るう監督の手腕がカギを握る。パのVはソフトバンク、対抗は西武だ」

 

西武が優勝するためには主砲・山川の復活は欠かせない


不気味な西武とロッテ


 まもなく開幕ということで今週と来週の2回にわたり、セ・リーグとパ・リーグに分けて順位予想と主要タイトルを予想していこう。まず今週は、昨年日本一になったソフトバンクに敬意を表してパからだ。勝負事は何が起こるか分からないから、当たる当たらないかは別問題。現時点での私の考えを述べ、楽しんでもらえたらと思う。

 優勝に最も近いのはソフトバンクだろう。投打のバランス、総合力という点でソフトバンクの右に出るチームは見当たらない。今年の公式戦は交流戦を含めて全143試合。長いシーズンを戦い抜くチームの体力という点で、ソフトバンクがほかを上回っているのは事実だ。

 2位には西武を推す。昨年は山川穂高森友哉が不振だったが、この2人が復活すれば強力打線は機能する。投手力が弱いという指摘もあるようだが、私にすれば何を今さらという感じだ。弱い投手力を打線がカバーして2018、19年とリーグ連覇を達成した。昨年も序盤の低迷から巻き返しに成功し、最後はロッテと激しい2位争いを繰り広げている。地力はあるのだ。辻発彦監督の采配も問題ないから、西武のポイントはやはり打線。そのキーマンが山川、そして森になる。

 3位はロッテ。投打で突き抜けた選手こそいないが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング