週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「先週に引き続き、セ・リーグの順位予想だ。V本命は巨人と言わざるを得ないが、中日、阪神、DeNAにも可能性はある」

 

原辰徳監督率いる巨人が今年もセ・リーグ優勝候補の本命だ


ルーキーへの不安


 いよいよ2021年のペナントレースが始まる。現役時代の私は開幕が近づくにつれて緊張と不安が高まり、また長く苦しいシーズンが始まると思ったものだ。ワクワクする気持ちには到底なれず、今年もヒットを打てるだろうか、シーズンを通して活躍できるだろうかと心配になった。それでもいざ開幕となれば覚悟を決めて臨んだものだった。

 さて、前回はパ・リーグの順位予想とタイトル予想を取り上げたから、今回はセ・リーグだ。思いつくままに私の考えを述べていきたい。

 優勝は巨人。6球団の戦力を見比べたとき、やはり総合力で巨人が一番上になる。ほかの5球団は残念ながら優勝する体力が少ないように感じる。優勝する体力というのは全143試合を戦い抜く体力だ。短期決戦ではない。半年間をマラソンのように時間をかけて走っていくわけだから、一番必要なのはチームとしての体力、総合力なのだ。

 原辰徳監督は指揮官としての経験も豊富だし、采配もしっかりしている。ここもほか5球団との大きな違いだ。もちろんエースの菅野智之が残留したこともある。黙っていても2ケタは勝つだろうし、ほかの投手に与える影響も大きい。菅野という軸があることで投手陣はうまく回っていくはずだ。心配なのはその菅野の故障、不振だ。昨年のソフトバンクとの日本シリーズではないが、菅野で勝てないと勢いに乗れない。二番手、三番手と続く投手が心もとないから、菅野に何かあったときは厳しくなりそうだ。

 そのためにもDeNAから井納翔一を獲得したわけだが、果たして・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

張本勲

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング