週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「大型ルーキーぞろいの1959年組。桑田武さん、村山実さん、王貞治ら…。それはプロ野球史の転換期でもあった」

 

1959年のシーズンオフ。ともに新人王を獲得した桑田武[左]と筆者


驚くべきルーキーたち


 いよいよ今年のペナントレースが始まった。それでも新型コロナ禍の脅威はまだ残っているから、選手も球団も感染対策を徹底し、全143試合を戦い抜いてもらいたい。

 今年も何人かのルーキーたちが開幕一軍切符を勝ち取っているが、さて長いシーズン、どれだけの成績を残せるだろうか。アマチュアと違ってプロは毎日のように試合があるから、ルーキーはまずそれに慣れなければならない。最初のうちは無我夢中でやれても、やがて疲れが出てくるし、相手に研究もされ、成績が落ちていくことも少なくない。今年のルーキーの中では、オープン戦トップとなる6本塁打を放った阪神佐藤輝明が注目だろう。シーズンに入って佐藤輝がどうプロの世界に対応し、結果を残していくのか。しばらくは様子を見ることにしよう。

 佐藤輝を中心とした今年のルーキーたちは「2021年組」と呼ばれていくことになるが、それを言うなら私は「1959年組」になる。もう60年以上も前のことだが、この年のルーキーたちは自分で言うのも何だが実力派ぞろいだった。今回は彼らの話をしよう。

 1959年は昭和34年。大阪の浪商高から東映に入団した私は六番・レフトで開幕スタメンを勝ち取り、この年、打率.275の13本塁打に57打点でパ・リーグの新人王に輝いているが、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

張本勲

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング