週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「国鉄スワローズの金田正一さんは、日本一、いや世界一の大投手だ。ロッテの監督時代は犬猿の仲だった」

 

国鉄時代の金田投手。通算400勝は今後も永遠に破られない大記録だ


 今号が発売されるころはメジャーのシーズンは終了して結果が出ていると思うが、現時点(9月26日)では残り6試合。注目はもちろん大谷翔平(エンゼルス)のホームラン王争いだ。トップのゲレーロ・ジュニア(ブルージェイズ)とペレス(ロイヤルズ)とは1本差。歯がゆいのは何と言っても勝負をしてもらえないことだ。直近の3試合、マリナーズの投手陣からは11四球だったが、これは仕方がない。マリナーズはプレーオフ進出がかかっているから、相手のチームで一番怖い打者、すなわち大谷との勝負を避けるのは当然だ。これは日本でもよく見られる光景。怒っても仕方がない。大谷に求められるのは集中力、忍耐力であり、ホームランできる1球をひたすら待ち、それを仕留めるしかない。単独でなく3人並んでもいいからホームラン王になってもらいたいが、さてどのような結果に終わっただろう。

 日本のペナントレースも10月に入り、いよいよ佳境に入ってきた。セ・リーグは阪神巨人ヤクルトの三つ巴から、打線に元気のない巨人が落ちてきた。それにしても奮闘しているのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング