週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「本塁打王を逃したのが残念だが、今年の大谷の活躍は誰にも真似できない。来シーズンは真価が問われる1年になる」

 

本塁打王は逃したものの、二刀流で充実したシーズンを送った大谷翔平


本塁打王はならず……


 セパともに優勝争いが白熱している。セはヤクルト阪神、パはオリックスロッテ、このどちらかになりそうだが、もしかするとこの号が発売されるころには優勝チームが決まっているかもしれない。ヤクルトとオリックスの優勝となれば、両チームともに前年最下位からのVだから、たいしたものだ。私を含めて開幕前、この2チームを優勝と予想した評論家はいなかったのではないか。多くはセは巨人、パはソフトバンクだったと思う。

 さて、今回は大谷翔平(エンゼルス)だ。メジャー4年目、今季の二刀流での活躍は素晴らしいの一語に尽きる。投げては先発投手として23試合に登板して9勝2敗、防御率3.18。130回1/3を投げて156奪三振。打っては46本塁打に100打点。打率こそ.257と低かったが、103得点に26盗塁を記録している。まさに打って、投げて、走って、守って、滑ってと、一人ですべてを成し遂げた。こんな選手は世界中のどこを探しても見当たらないだろう。

 大谷が所属するエンゼルスはア・リーグだが、もちろんシーズンMVPの最有力候補だ。発表は間もなくであり、そうなればとても名誉なことだと思う。まず間違いないし、大谷以外の選手が選ばれたら、そちらのほうが驚きだ。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

張本勲

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング