週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「2年連続で最下位に沈んでいたヤクルトとオリックスのVは立派だ。両監督の采配も素晴らしかった」

 

胴上げされるオリックスの宮内義彦オーナー


光った女房役の存在


 今はクライマックスシリーズ(CS)のファーストステージが終了し、ファイナルステージが始まろうとしているころだが、リーグ優勝を飾ったヤクルトとオリックスは何としても日本シリーズへ進みたいところだろう。リーグ優勝に日本一、これがチームにとっては最高の成績だからだ。もちろんファーストステージを勝ち上がってきたチームも優勝を逃した悔しさがあり、何とか日本一をと意気込んでいるはずだ。

 正直に言えば、長いシーズンを戦い抜いて優勝を勝ち取ったチームが日本シリーズに出場するのが筋だとは思う。しかしCSはCSの面白さがあり、興行面でも大きなメリットがある。何よりもファンが望んでいるのだから、これはこれで良しとしなければならない。いまだに賛否両論はあるようだが、時代に合ったルールなのだと思う。

 さて、今回は両リーグの優勝チームについて述べたい。まずはセ・リーグからだ。最後は少しもたついたものの、ヤクルトが6年ぶり8度目の優勝を飾った。2年連続最下位からの優勝を誰が予想できただろう。将棋で言えば歩が成金になったようなものだ。解説者たちの開幕前の予想ではほとんどがBクラス、しかも最下位が多かった。少なくとも優勝予想をした解説者は皆無だったのではないか。それは後半戦が始まってからも同じで、阪神巨人、ヤクルトと三つ巴の戦いの中から、真っ先に落ちていくのはヤクルトだという意見が多かった。しかし最後に笑ったのはヤクルト。本当にあっぱれだ。

 巨人、阪神に比べて打線が太かった。一番に塩見泰隆が定着し、青木宣親山田哲人村上宗隆と続き、オスナサンタナの助っ人コンビも活躍。そして忘れてならないのが中村悠平だ。二番に座ったこともあったが、よく打った。本塁打は2本と少ないが、105安打で打率.279は捕手というポジションを考えれば十分に合格点。阪神、巨人に比べて切れ目のない打線だった。

 最下位予想の根拠は投手力の弱さだったと思う。実際に2ケタ勝利には誰も届かず・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

張本勲

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング