週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「東映で初めての日本シリーズに出場。阪神を下して日本一になった思い出と悲運の名将・西本幸雄監督について」

 

阪急時代の西本監督。悲願の日本一はついにつかめなかった


水原監督のかけ


 いよいよ今週末から日本シリーズが始まる。この原稿の締め切り時点では、どの球団が出場するかは決まっていないが、どこが出るにせよ、これぞ日本シリーズという素晴らしい戦いを見せてもらいたい。

 そこで今回は日本シリーズをテーマに話を進めていきたい。私は東映で1回(1962年)、巨人で2回(76、77年)の計3回、日本シリーズを戦っている。強く思い出に残っているのは日本一に輝いた東映のときだ。巨人での2回はどちらも阪急にやられて日本一を逃している。悔しい思い出しかない。

 62年の東映は水原茂監督が就任して2年目、私にとってはプロ4年目のシーズンにあたる。前年も最後まで南海と優勝を争っていたが、惜しくも敗れて2位。もし優勝していれば巨人との“西銀座シリーズ”となっていた。今ほどではないが、昔のパ・リーグの球団、選手たちは、もし優勝して日本シリーズを戦うならば巨人と戦いたいと強く思っていたと思う。何と言っても他球団と比べて注目度が違うからだ。

 その62年、わが東映は開幕から首位を走り、7月終了時点で2位に15ゲーム差をつける独走状態。終盤に南海の追い上げがあったが、悲願の初優勝を決めた。一方、セ・リーグを制したのは巨人ではなく阪神だった。小山正明村山実の両エースが力投してのVだった。

 東映対阪神の日本シリーズは甲子園球場で始まった。初戦から延長戦に入る熱戦となったが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング