週刊ベースボールONLINE

球の心は正直者

新井貴浩コラム 今週の応援人 佐々岡真司監督(広島)「積極的に若手選手を起用。就任1年目から佐々岡さんの思い切りの良さを感じました」

 

今季も昨秋のドラフトで獲得した3投手が開幕から戦力になっています。ここからは野手の頑張りにも期待して、優勝目指して頑張ってほしいです[写真右から佐々岡監督、ルーキーの大道]


ザ・昔のプロ野球選手


 開幕から1カ月というところで、東京、大阪、京都、兵庫にまたも緊急事態宣言が出てしまいました。プロ野球は一部の試合で無観客または延期に。まだまだ新型コロナウイルスの猛威は続きそうですが、今季も無事シーズンを終えられるのを願うばかりです。

 5月と言えば“鯉(こい=カープ)の季節”です。今回は、就任2年目を迎えて昨季の巻き返しに燃える佐々岡真司監督について書きたいと思います。

 佐々岡さんとは現役時代もともに戦っています。とにかく優しい先輩で、投手と野手とポジションは違いましたが、ルーキー時代からよく食事にも連れて行ってもらいました。先発、中継ぎ、抑えとフル回転のマウンド同様、食事の席でもタフな佐々岡さん。試合後に食事に行くとなるとナイターだと夜の11時を過ぎることもあるのですが、まず焼き肉を食べて、そのあとお酒を飲みに行く。そして、そこからまた焼き肉を食べに行くんです。ビックリしましたよ。「プロ野球選手ってすごいな。胃腸が強くないとダメなんだな」と思わされました。

 いい意味で「ザ・昔のプロ野球選手」という感じの方。よく食べて、よく飲んで、よく勝つ! 先発、中継ぎ、抑えもやって、あれだけ投げて、自分もそうでしたが、佐々岡さんも本当に体が強い。肩・ヒジはもちろん、大きなケガはなく、文字どおり大車輪の活躍でしたからね。

 あとは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング