週刊ベースボールONLINE

侍ジャパン・東京五輪の試合日程・速報はこちら

球の心は正直者

新井貴浩コラム 今週の応援人 栗林良吏選手(広島)「1年目だからすべてが勉強で、すべてが経験。そう思ってやってほしい」

 

失投が失投になりにくい。打者からすると厄介なピッチャーです


最大の武器はフォーク


 新型コロナ禍が続く中、2021年シーズンも前半戦が終わり、いよいよ7月23日からはオリンピックが始まります(※野球競技は28日から)。先日、日本代表の内定選手が発表になりましたが、カープからは森下暢仁投手、菊池涼介選手(内野手)、鈴木誠也選手(外野手)。そして、ドラフト1位ルーキー・栗林良吏投手が選出されました。

 今回は、開幕からチームの戦力として大活躍をしているこのドライチ右腕について書いていきたいと思います。

 栗林投手の場合は、どの球種でもストライクが取れるし、どの球種でも空振りが奪えます。真っすぐ、カーブ、フォーク、カットボール、どのボールもウイニングショットになる。これは強みの一つと言えます。

 あとは、あのフォーム。彼はそれほど身長が高いわけではありませんが(178cm)、真上から投げ下ろすタイプで、リリースポイントが高いのが特徴です。だから、真っすぐにもよりスピンが効いています。

 そして・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング