週刊ベースボールONLINE

球の心は正直者

新井貴浩コラム 今週の感謝人 ブラッド・エルドレッド(現・広島駐米スカウト)「カープというチームを愛してくれているのをすごく感じました」

 

長打力などプレーヤーとしても素晴らしいだけでなく、優しさにもあふれています


パーフェクトヒューマン


 長かった2021年のペナントレースも、気がつけば終わりを迎えようとしています(10月29日現在)。セ・リーグはヤクルトが、パ・リーグはオリックスが優勝を決めました。どちらも昨年、一昨年と2年連続最下位でしたが、見事に“大逆転”。投打がかみ合い、チーム全体が勝利に向かってまとまれば、下馬評なんて関係ないってことなんですよね。

 カープは終盤になるにつれて連勝も重なり、CSまであと一歩と迫る4位でした。さっそく来季に向けて後輩たちにエールを送ってもいいのですが、143試合が終わったばかりですし、今回は小休止。ちょっと思い出話をしましょう。

 私はありがたいことに20年という長い現役生活を過ごすことができました。その中でたくさんの外国人選手ともプレーをしてきた。その中で一番印象に残っているのは、やっぱりカントリー(ブラッド・エルドレッドの愛称)です。

 一緒に過ごした時間が長かったこともありますが、それ以上にカントリーが印象深い理由は彼の人柄にあります。

 私は外国人選手が日本に来て活躍する要素として、まず3つのことが大切だと考えているのですが、第一が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

新井貴浩の球の心は正直者

新井貴浩の球の心は正直者

広島・阪神で活躍した新井貴浩氏が選手を「応援」する不定期コラム

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング