週刊ベースボールONLINE

石田雄太の閃球眼

石田雄太コラム「大谷対トラウトがWBCで実現するか」

 

打者として大谷の選出はならなかった前回。今回はどうなるか[写真は2016年の日本ハム時代]


 ようやく動き始めた感がある。

 2023年、つまり来春のWBCのことだ。もちろん水面下では栗山英樹監督以下、着々と準備は進められているのだが、3月に予定されていた侍ジャパンの強化試合、台湾戦は中止。この秋、オーストラリアとの強化試合が行われることは決まったものの、実戦はそれだけで本番に挑まなければならない。そんな切羽詰まった日本代表と、世の野球好きとの間には少なからず温度差が生じていた。この国の野球好きには、世界一よりペナントレース、3月の過酷な戦いより選手の健康、という向きが少なくないからだ。そこへ、意外な選手がコメントを出した。

 7月18日、エンゼルスが「マイク・トラウトがWBCにアメリカ代表として初参加、主将を務める」と発表したのである。さらにMLB公式サイトは「国のためにプレーするのが楽しみ。USAの文字が胸に刻まれていることは素晴らしい」というトラウトのコメントを伝えた。

 そして大谷翔平が続く。

 オールスターゲームの前日、WBCについて問われた大谷は、こう答えたのである。

「出たい気持ちはもちろんありますね。ケガとかもあってタイミング的に出られない年もありましたけど、出たい気持ちはもちろんありますし、自分に実力があるのであれば、選んでもらえるのであれば、プレーしたいなという気持ちはもちろんあるかなと思います」

 ケガもあってタイミングが合わなかったというのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

石田雄太の閃球眼

石田雄太の閃球眼

ベースボールライター。1964年生まれ。名古屋市立菊里高等学校、青山学院大卒。NHKディレクターを経て独立。フリーランスの野球記者として綴った著書に『イチロー・インタビューズ激闘の軌跡2000-2019』『大谷翔平 野球翔年』『平成野球30年の30人』などがある。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング