週刊ベースボールONLINE

井端弘和 野球の“極意”

井端弘和コラム 第2回「守備が疎かになってはいないか? 巨人・吉川岡本の拙守は情けなかった」

 

3月30日の中日戦[バンテリン]の3回二死一、二塁から巨人の三塁手・岡本和真が野選。二塁手・吉川尚輝があわててベースカバーに入ったが…


 ペナントレース序盤戦の、この早い段階でお伝えしたほうがいいと思い、今回は『守備』をメーンのテーマとしました。セ・パ両リーグともに対戦は2巡目に入っていますが、開幕から例年以上に守備のミスが目立ち、残念でなりません。

 プレーが雑(ざつ)に感じてしまうのは、試合を左右するような「1点」に直接的または間接的に結びつくエラーやボーンヘッド(判断ミスを含む)があまりにも多いからです。1日に6試合が行われているとすれば、1試合は守備のミスによって決着がついているといっても過言ではないでしょう。データを見てみると、実際にセ・リーグでは前年の開幕6カード終了時点と比較して、失策数が大幅に増えているのが下の表からも分かると思います。ここで出ているデータは、あくまでも公式記録で失策とされたものだけであって・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

井端弘和 野球の“極意”

井端弘和 野球の“極意”

中日・巨人で活躍した名手がプロの技術・判断などについて深く掘り下げるコラム!

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング