週刊ベースボールONLINE

井端弘和 野球の“極意”

井端弘和コラム 第8回「セ・パ上位陣の前半戦総括」

 

オリックス打線のキーマン・福田周平。淡白だった打線に粘りをもたらしている


 7月11日時点で、中断までに各球団2〜3試合を残した状況とはなりますが、セ・パ上位陣の前半戦を振り返りつつ、後半戦へのポイントを探ってみたいと思います。

 まずセ・リーグですが、首位・阪神と2位・巨人との前半戦最後の3連戦(7月9〜11日、甲子園)を巨人が2勝1敗で終え、1.5ゲーム差としました。球宴までに首位が交代している可能性も十分に考えられます。阪神の立場に立って考えると、ライバルである巨人にケガ人が相次ぎ、新型コロナウイルスの感染者も出るなど、なかなかベストなメンバーが組めない中、最大で8ゲーム差をつけました。そのままの差を保って、前半戦を終えたかった、というのが正直なところでしょう。選手個々人の好不調は別にして、大きなケガ人が出たわけでもなく、巨人と比較すれば、投打に戦力が整った状態で戦えたわけですからね。

 とはいえ、私の経験上、長いシーズンを戦っていれば、引き離しても一度は追いつかれることはあるものです。そこで追い越されなければいいだけ。2位のチームにとっては・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

井端弘和 野球の“極意”

井端弘和 野球の“極意”

中日・巨人で活躍した名手がプロの技術・判断などについて深く掘り下げるコラム!

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング