週刊ベースボールONLINE

栗山巧 ROAD to 2000HITs

栗山巧コラム 史上52人目の2000試合出場。攻守走はすべてつながっている 「安打数が出場試合数を上回れるように頑張っていきたい」

 

2000安打まで残り74本で迎えた2021年シーズン。西武球団初となる生え抜きの大記録へ突き進む20年目のベテラン・栗山巧の姿を追う。
※記録は6月28日現在

2021.6.1〜6.28 通算1972安打

6月12日の中日戦[メットライフ]で通算2000試合出場を果たした[写真=川口洋邦]


食らいつくバッティング


――6月も安打を積み重ね、2000安打へは残り30本を切った。球団も栗山巧の偉業達成への道を盛り上げるべく「ONE ROAD」と題したプロジェクトを順次スタート。周囲の“熱”は上がっていくばかりだが、目の前の打席に力を注ぐだけという本人の考えは不変だ。6月4日の巨人戦(東京ドーム)では2点ビハインドの9回表二死満塁で打席に立ち、カウント2-2から畠世周の低めのカットボールをセンター前に同点適時打。ひと振りに懸ける強い思いがあふれ出ていた。

栗山 6月は畠君から打った同点打が印象に残っていますね。まさに食らいついて打ったという感じでしたから。バッティングにおいて、時にその姿勢は必要だなと再認識しました。こういうボールが来たら、こうタイミングを取って、こう打ちにいくと考えるのではなく、シンプルにバットに当ててヒットにする。9回二死と土壇場でしたし、“無我夢中感”は大事かな、と。集中力が高まったというより、「必死こいた」という感じでしたね。もちろん、そういった姿勢だけでペナントを戦い抜くことはできないので、バランスを取るのは難しいところですけどね。

 この試合・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

栗山巧 ROAD to 2000 HITs

西武球団初となる生え抜きの大記録へ突き進む20年目のベテラン・栗山巧の姿を追う。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング