週刊ベースボールONLINE

伝説の男たちの「スゴ技」!

【スゴ技】原辰徳 1980年代の巨人をけん引した若大将

 

歴代の名選手たちを連続写真とともに紹介する企画。今回は、現在巨人監督として3期目の任期にある“永遠の若大将”原辰徳。1980年代巨人の四番打者だ。


伝説のスイング


 足は大きく上げず、テークバックもそれほど大きくないオーソドックスなフォームだ。頭と高い位置のグリップが動かず、しっかり割れをつくってスイングしている。特徴としてはインパクトで右腕を絞るように前に突き出し、そこからバットを2本の手で離さず、コンパクトに鋭くヘッドを返すところだ。ホームランのあと、そこから一度、股下まで下げ、バットを高々と真上に放り投げたシーンも記憶に残る。

 81年に1年目から・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

伝説の男たちの「スゴ技」!

伝説の男たちの「スゴ技」!

歴代の名選手たちを連続写真とともに紹介する企画。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング