週刊ベースボールONLINE

新鋭インタビュー NEXT UP!

ロッテ・横山陸人インタビュー 直球勝負の剛腕サイド「自分では上から投げている感覚なんです」

 

豪快な投げっぷりが気持ちいい。高卒2年目のサイドハンドは勢いよくプレートを蹴り上げ、強気に直球勝負を挑む。今季、最速も150キロを突破した。ただ、そこで見えた課題もあると言う。次代のクローザー候補にも挙がる20歳が、一軍デビューを果たし、次なるステップを踏んでいる
取材・構成=鶴田成秀 写真=桜井ひとし

サイドハンドから勢いよく投じるボールは威力を増して、今季150キロを突破。ただ、「サイドの意識はないんです」と言う


意外なフォームの意識と一軍で得た成長のヒント


 サイドハンドながら150キロ超のボールを投げ込む右腕だが、聞けば意外な意識を口にする。スリークオーター、アンダースローと転向を重ね、たどり着いた現在のフォーム。ヒジの柔らかさと、自然な腕の位置が、球威を呼び、魅力あふれる“剛腕サイド”が生まれた。ただ、スピードだけでは通用しなかった一軍マウンド。後半戦は二軍スタートとなる中で、一軍で得た成長のヒントを胸に、ファームで右腕を振っている。

──サイドハンドの豪快な投球フォームも横山選手の大きな魅力です。

横山 小学生から中学生まではスリークオーターで投げていたんです。クセがついていたというか、上からは投げられなかったんですよね。

──それで専大松戸高からサイドに転向したのでしょうか。

横山 一時期、アンダースローに挑戦していて。それで、ヒジを柔らかく使えるようになったことが良かったと思っているんですけど。でも、アンダースローをやめて、フォームは戻したんです。

──戻したと言うと、再びスリークオーターに戻してからサイドに?

横山 いや、自分の中ではサイドで投げている意識はないんです(笑)。今もそうなんですけど、サイドにしたわけではなくて、結果的に今の腕の位置なんですよね。アンダースローからスリークオーターに戻したら、腕の位置が下がっていたというか。だから、サイドで投げようと思ったわけではないんです。今も、サイドの意識は全然なくて(笑)。自分の中では上から投げている感じで、横から投げている意識はないんです。

──自然な腕の位置であり、投げやすい位置なのですね。今季は球速もアップし、150キロ超を計測しましたが、“自然な腕の位置”も球速の一因なのでは。

横山 そうかもしれません。球速が上がったことも、特に「これをやったから」というものはなくて。強いて言えば、昨年1年間、ファームで食事を含めた体づくりをしっかりやってきたことなのかな、と。それが今年、しっかり球速で成果が出てきたのかな、と思います。

── 昨年の入団時より体重は10kg増えて、86kgになっていますね。

横山 そこまで僕は体は大きくはなかったので、ウエート・トレーニングに加えて食事、それから、ランニングなどの走り込みなどのトレーニングすべてが今につながっているのかな、と思います。

── では今季計測した最速152キロの“数字”は、どのようにとらえていますか。

横山 真っすぐのスピードは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

新鋭インタビュー NEXT UP!

ニューフェースにスポットを当てる連載インタビュー。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング