週刊ベースボールONLINE

BIGHOPE 光る新鋭

ヤクルト・木澤尚文 大胆に攻める「捕手の構えたところに行くのが必ずしも正解ではない」

 

新しい武器を手にしたドライチ右腕は、2年目で一軍初登板を果たすと、その豪腕ぶりをいかんなく発揮。堂々としたマウンドさばきで強打者に正面から立ち向かう姿は、チームにさらなる勢いをもたらす。浮かび上がった課題を克服すれば、信頼は揺るぎないものになるはずだ。
取材・構成=小林篤 写真=佐藤真一、川口洋邦、BBM


この世界で生きていくために


 2021年、チームが日本一の歓喜に沸く中で、木澤尚文は一軍のマウンドに立つことはできず、ファームでは22試合に登板し防御率6.07。プロの壁に当たっていた。しかし、今では鉄壁リリーフ陣の一人として、首位を走るチームを支える存在になっている。

──開幕から約2カ月がたちましたが、心身ともに状態は問題ないですか。

木澤 だんだんとシーズンの中での準備の仕方であったり、登板に合わせたマインドセットというところの要領がつかめてきたので、ストレスなく毎日を過ごすことができています。

──ここまで安定した成績を残していますが、キャンプ、オープン戦を通じて成長した部分はどこですか。

木澤 昨年に比べるとイニング数に対する四球の数が圧倒的に減りました。不必要にランナーをためることがなくなったことが一番大きい部分だと思います。

──制球力が改善された要因はどこにありますか。

木澤 フォームの再現性が上がったというのもあるのですが、シュートを新しく覚えたことによって以前よりも(ストライク)ゾーンの中で大胆に攻めることができるようになりました。ファウルを打たせるという投球スタイルにシフトチェンジした結果、カウントを有利に進めることができるようになったのかなと思います。

──攻め方以外でもシュートを覚える前と変わった点はありますか。

木澤 僕自身の中で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

若手インタビュー

若手インタビュー

ニューフェースにスポットを当てる連載インタビュー。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング