週刊ベースボールONLINE

90年代回顧録

ドラゴンズOBに聞く・山本昌「星野監督と高木監督の下で学んだ10年。自分がエースと思ったことは一度もありません」

 

90年代は3度の最多勝に最優秀防御率、最多奪三振、沢村賞のタイトルを手に入れた。今中慎二との左腕二枚看板は“Wエース”と呼ばれ、他球団の脅威となっていた。ドラゴンズの背番号34を背負って50歳まで投げ続けたレジェンドの90年代の記憶。

90年代のドラゴンズを代表する投手と言えば、今中[左]と山本昌の2人。多くの勝利をチームに運んだ


Wエースの記憶


 1990年代のドラゴンズは強かった記憶がありますよ。2位が5回(91、93、94、96、98年)というのもドラゴンズらしいですし、最下位になったのも2回(92、97年)ありましたからね。

 91年は夏場が終わっても首位に立っていたんですが、最後は広島に持っていかれました。93年も終盤までヤクルトと優勝争いをしていて最後に突き放されました。これは悔しかったですね。僕がランニング中に打球をよけようとして右鎖骨を骨折して戦線離脱となったんです。そこまで15勝4敗でヤクルト戦は6勝負けなし。今中(慎二)もヤクルトには4勝負けなしでしたから、ヤクルトに優勝をさらわれたのは本当に悔しかったですね。翌94年は皆さんもご存知、長嶋巨人との「10.8」決戦で敗れての2位ですから、90年前半はよくやってますよ。勝負弱いと言われれば、それまでなんですけど(笑)。

 90年はまだ星野仙一監督の第一次政権時代。僕も若かったですけど、星野監督も若かった。まだ泥臭い、熱い野球をやっていた時代だったと思います。星野さんが91年に一度辞められて、次にやってきたのが高木(高木守道)さんでした。星野さんにはよく叱られましたが、それが期待の裏返しでもありました。高木さんは真逆で、一度も叱られたことはなく、すべてを任せてくれました。ですから自然と「ここまで任されたら頑張らないといけない」という気持ちになるんです。僕は93、94年の成績がキャリアハイなんですが、これはそうした気持ちがつながったのだと思います。本当に大人の扱いをしてくれました。ただ、そんな高木監督を一度も胴上げできなかったことは、僕の野球人生の中の悔いの一つとして今でも残っています。

 長嶋巨人との「10.8」にしても・・・

この続きはアプリでご覧になれます(無料)。

アプリ限定コラム

アプリ限定コラム

アプリ限定コラム

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング