週刊ベースボールONLINE

90年代回顧録

タイガースOBに聞く・藪恵壹「打線に大砲がいないので、得点を望めない中常に0点を狙う投球をするしか、仕方なかった」

 

1990年代のハイライトは92年の2位。それ以外はすべてBクラスに最下位が6度。まさに暗黒時代であった。一番の要因は、他球団に比べて力の落ちる猛虎打線だった。その打線をバックに94年のデビューからエースとして腕を振り続けたのが藪恵壹氏だった。

エースとして、そのシーズンの首位や巨人戦を中心に強力打線を相手に投げ続けた。虎打線との兼ね合いで常に9回0点を狙っていた


査定基準が1年目の成績


 もしかして、巨人に逆指名で入っていたなら150勝くらいはしたかもしれません(笑)。朝日生命の練習場はよみうりランドの近くでしたから、当時、巨人のスカウトがよく見に来てくれていました。私自身も巨人ファンでしたから(笑)。

 実際にお話をいただいたのは阪神、近鉄、オリックスです。しかし、私を大学時代からずっと追い掛けていただいた阪神の菊地(菊地敏幸)さんとの縁を一番に考えていましたので、決めました。阪神に行きたかったというよりは、スカウト菊地さんとの絆で入団を決めました。

 1年目、開幕した4月から好投をして、完投、完封をしていきました。当時は、中6日でも今のような、あがりはなかったですし、その間ブルペンに4回も入っていたんです。これだときついなあ、夏はバテるかもなあ、と思っていましたが案の定、疲れてしまって後半に勝てなくなって9勝止まり。2年目も同じ流れでしたが、長男が生まれるということも考慮してもらい、登録抹消に。そのときに体もリフレッシュされ、残り2試合に好投しました。しかし勝てなかった。2年連続で2ケタ勝利を逃したんです。一方で、この2試合で防御率が2.98になりました。

 でもまあ、このときから打線は打てなかった。大砲と言われる選手がいないんですから、ほかのチームよりも弱いのは必然です(笑)。それでも投げ続けましたね。1年目のシーズンは181回1/3投げたのですが、実はこの後、私の年俸査定は、1994年のイニング数が基準になってしまいました(笑)。

 普通はどう考えても、規定投球回数が査定の基準だと思うのですが、なぜか阪神の査定は、1年目の投球回が基準。何年も何度も交渉したのですが、無理でしたね(苦笑)。さらに言えば、新人のときの防御率や三振、勝敗もまた査定基準だった。これは本当にシビアでしたね。

 96年になり正式に藤田平さんが監督になったのですが・・・

この続きはアプリでご覧になれます(無料)。

アプリ限定コラム

アプリ限定コラム

アプリ限定コラム

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング