週刊ベースボールONLINE

闘将、逝く

【追悼・星野仙一】さらば、燃える男。

 

 家族によれば、まるで昼寝をするように静かに息を引き取ったという。中日ドラゴンズのエースとして打倒巨人に燃え、現役引退後は中日、阪神楽天の監督として、4度のリーグ優勝、1度の日本一となった星野仙一楽天副会長が1月4日、膵臓ガンのため70歳で死去。野球に恋した、純情一途の人生だった。


第1章/中日ドラゴンズ時代 星と島を間違えた?


 1968年秋のドラフト会議。明大のエース・星野仙一は、スカウトから熱心に誘われ巨人の1位指名と思っていたが、ふたを開ければ武相高の島野修投手を指名。「星と島を間違えたんじゃないか」と憤った。もともと大の阪神ファン。少年時代、「阪神が負けると悔し紛れに巨人ファンをどついたことがある」という星野の中に「打倒巨人!」の思いがあらためて燃え始めた瞬間だ。

 中日では、1年目から先発、リリーフとフル回転で投げまくり、エース格となっていく。相手が強ければ強いほど燃え、特に巨人戦は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング