週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト上位指名有力候補CLOSE UP

辰己涼介(立命大・外野手)「トリプルスリー」の可能性を秘めた超スピードスター。 「次のステージでも、結果を残したい」

 

「将来性」の高校生に対して、大学生には、2019年シーズンから一軍での活躍が期待される「即戦力」が顔をそろえる。まずは、大学NO.1外野手と期待される立命大・辰己涼介だ。
写真=宮原和也


 成長を続け、実績を残してきた自負がある。今秋ドラフト候補のNO.1外野手。辰己涼介は満を持して、運命の日を待つ。

「大学では4年間のスパンで考えてやってきました。全体的なところ(の成長)もですけど、精神面では邪念を捨てることができるようになりました。以前は『自分はできる』と思い過ぎていて、自分にプレッシャーをかけてしまうところがありましたが、自分を信じられるようになった。ドラフトでは評価していただけたらありがたいです。不安もあるけど、ワクワクしています」

 立命大入学時から4年後のプロ入りを誓い、身体能力を生かしたプレーで、華々しい成績を残してきた。1年生だった2015年春からレギュラーとなり、16年秋、17年秋にベストナインを受賞した。

 ドラフトイヤーとなった今年の始動時には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング