週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト SPECIALクロストーク

根尾昂&藤原恭大[大阪桐蔭高] インタビュー 思い描く未来のために(前編)

 

類まれな身体能力で複数ポジションをこなす根尾昂と、3拍子そろった四番打者として甲子園春夏連覇に貢献した藤原恭大。1位候補に2人の名を挙げる球団は複数を数える。そんな大阪桐蔭高コンビが描く“プロの世界”とは――。「活躍することが目標」と口をそろえる2人が前・後編と2号にわたって“今”と“未来”を語り合う。
取材・構成=鶴田成秀 写真=石井愛子、BBM


成長を支えた互いの存在


──間もなく“運命の日”が訪れます。

根尾 プロに入って初めて上のレベルで活躍するスタートラインに立てる。そこがどこになるのか。人生の中で、大事な日になると思っているのでワクワクしています。でも、プロに入るまでに、もっと時間がほしいという気持ちもあるのが正直なところです。

藤原 自分の人生の中でも、大きな1日になると思っています。どこの球団に入るかによって人生が変わってくるし。期待もあるけど、『どうなるんだろう』という不安もある。でも、もう待つだけです。

根尾 普段も、あんまり2人でドラフトの話もしないからね。話しても誰がどの球団に選ばれるかな、くらい。それよりも俺が(藤原)恭大に聞くのは、打撃の話ばかりだし。

藤原 そうだっけ(笑)?

根尾 恭大はしっかり打撃のことを考えているから。だから、バッティングを見てほしいんだよ。どんなアドバイスをしてくれるかなと思うし。『もう少しこうしたほうがいい』『俺はこうしたほうがいいと思うよ』と言ってくれる。

藤原 でも、俺も根尾に聞くじゃん。

根尾 俺のアドバイスで『ためになること』はないやろ?

藤原 どうだろう……。結局、自分で答えを出してしまうからな(笑)。

根尾 俺はホームランとか長打が出なくなったとき・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング