週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト ドライチにも負けない7選手

“ドラフト2位”の超逸材 梅津晃大、中山翔太、島内颯太郎

 

高校生に人気が集まった今ドラフト。1位は将来性も加味した指名となっただけにウエーバー方式に切り替わった2位は、“即戦力”の呼び声高い逸材たちがズラリ。中でもすぐにでもチームの主力となりうる編集部イチオシの7選手を紹介していこう。

中日・梅津晃大(東洋大) 潜在能力高き153キロ右腕。勝てる投手へ



 東洋大の153キロ右腕・梅津晃大は入学時から潜在能力の高さを期待されていたが、1年夏にイップスに陥った。投げられずに苦しんだ時期にも「チームを勝たせたい」と地道な練習を重ねた。“自分のため”ではなかった。そんな彼の姿を見てきたチームメートたちは、梅津を「勝たせてやりたい投手」と言う。

 リーグ戦未勝利で迎えた今秋。梅津はドラフトのためではなく・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング