週刊ベースボールONLINE

移籍最前線2018

浅村栄斗(西武→楽天) 獅子の主将が犬鷲へ!東北に起こる劇的な化学変化

 

浅村栄斗楽天へのFA移籍が11月21日、球団から発表された。「チャレンジして自分のレベルアップにつなげたい。楽天が自分にいちばんマッチしている球団だと思った」と理由を述べた浅村。パ・リーグ王者から最下位のチームへ。浅村は楽天を生まれ変わらせることができるか。
写真=榎本郁也

11月23日、ファン感で西武ファンに別れの挨拶を述べた浅村


 今オフの移籍市場の目玉、西武からFA宣言した浅村栄斗を口説き落としたのは楽天だった。古巣・西武に常勝軍団・ソフトバンク、浅村の地元・大阪のオリックスも参戦した4球団での争奪戦。背番号「3」に4年総額20億円とも言われる条件面は、楽天として最大限の誠意を示したものではあったが、決して他球団と比較して突出していたわけではない。勝負を分けたのは、やはり石井一久GMの存在だった。

 浅村がFA権行使を表明した11月7日、石井GMは「ぜひ、来てほしいという表明をさせていただきたい」と獲得に乗り出すことを正式に表明した。自身はヤクルトからメジャー、メジャーからヤクルトに復帰し、FAで西武へ移籍。多くの移籍を経験し「(移籍で)新しい視野を持てた。でなければ、こういう立場で仕事をしてない。自分で言うのもおかしいですけど器が大きくなったと思う」と新たな環境に身を置くことが、成長につながることを強調した。さらに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング