週刊ベースボールONLINE

僕らの「勝ちメシ」

日本ハム・レアード “すしポーズ”誕生のきっかけとなった絶品握り寿司のお店を紹介!

 

グラウンドで戦う選手たちにパワーを与え、元気の源になっている「勝ち飯(メシ)」メニューにスポットを当てた新連載がスタート!第1回は北海道日本ハムレアードの“すしポーズ”誕生のきっかけにもなった、あの店の絶品握り寿司をご紹介する。
取材・構成=松井進作、写真=高原由佳


助っ人も虜にする極上ネタと絶品の炙りトロ



 異国の地で奮闘する助っ人を陰で支え、明日への活力となっているのが札幌市内に店を構える「すし空海」の握り寿司だ。ネタは北海道産を中心にした厳選素材が並び、特にレアードの大好物でもある「炙りトロ」はこの店の名物の1つ。絶妙な半レア状態で焼かれ、まるでお肉を食べているかのような脂が乗ったトロはやみつきになること必至だ。夜のメニューにはおまかせもあり、ネタの変更や追加にも応じてもらえる。

レアードの大好物「炙りトロ」のステーキと握り。写真は撮影用の特別メニューだが、それぞれ事前予約すれば、オーダーも可能


 また、ファイターズファンにはすっかりお馴染みとなった「すしポーズ」は、店を切り盛りする親方の吉川英人さんの一言から始まったことでも有名。「昨年の7月にやってほしいと雑談の中で話したら、本当に実現してくれてね。しかもこんなに広まるとは」と吉川さん。「彼がいつでも来ていいように準備はしていますよ」と親方の愛情がたっぷり詰まった絶品寿司が、今シーズンもレアードの大きなパワーの源になってくれるに違いない。

レアード「炙りトロは何個でもいけちゃうよ!」



「このお店は白井一幸コーチに紹介してもらって、通うようになったんだ。何を食べもおいしいけど、特に炙りトロは最高の味さ。何個でもいけちゃうよ。メニューはいつも親方におまかせなんだけど、イクラ、ウニ、ウナギも絶品。間違いなく空海の寿司は僕にパワーをくれる『勝ちメシ』さ。今シーズンも食べに行けることを楽しみにしているし、僕も活躍して“すしポーズ”をたくさん披露したいね!」

今回のお店『すし空海』



北海道札幌市中央区南3条西5丁目パラカパーキングビル2F
営業時間
平日/昼12:00〜14:00 夜17:30〜23:00
祝日/夜17:30〜23:00
定休日/日曜日
アクセス/「すすきの駅」から徒歩約5分
おまかせコースは6000円から
ランチは1000円から

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング