週刊ベースボールONLINE

12球団キャンプトレーニング事情

春季キャンプトレーニングメニュー 日本ハム・新戦力との融合をテーマに入念なサインプレーの確認

 

目指す野球は12球団それぞれだ。宮崎、沖縄、アリゾナで汗を流す春季キャンプも、練習メニューを見れば、チームそれぞれの色が表れる。攻守走の何を重視して強化を図るのか――。はたまた実戦重視でチーム力を上げていくのか。キャンプイン初日、2月1日のメニューの一部に焦点を当て、各球団のトレーニング事情を探ってみよう。

新加入の金子[写真中央]もサインプレーの確認に多くの時間を割いた/写真=高原由佳


 キャンプ初日は投手と野手に分かれ、サインプレーの確認を入念に行った。今オフは金子弌大王柏融らの補強に加え、木田優夫投手チーフコーチなど首脳陣にも入れ替えがあった。例年は初日から行ってきた投内連係をやらず、まずは各ポジションごとに新しくなったサインの確認に多くの時間を費やした。捕手陣が打撃練習でいない間は上沢直之鍵谷陽平らが捕手役を務めてサインを出すなど全員で確認。約45分をかけてサインを頭にたたきこんだ。

 全体的な練習量は例年どおり、軽めのメニューだった。午前中までに全体練習は終了。午後は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング