週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2018

ヤクルト・由規 ミズノの投手用グラブ 球が速くなる(?)機能性重視の“武器”

 

長きブランクから復活し、今季こそは先発としてフル回転を、と誓っている由規。自身の投球を生かすべく、グラブには深いこだわりを持っている。一風変わった右腕の“理論”に迫る。
取材・文=富田庸、写真=榎本郁也


 タテとじにするとスピードが出る。都市伝説の類かと思いきや、当の本人は真剣そのものだった。

「投げるためのグラブとして考えたとき、最も意識するのは土手の部分のとじ方です。グラブにはタテとじとヨコとじがありますけど、ヨコからタテに替えてから、球が速くなったんです」

 このとじ方によって、(左ワキへの)グラブの収め方がまったく変わってくるのだと言う。「これは自分の感覚ですけど、ヨコとじだと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング